男性は潮吹きが大好き

男性がよく見るアダルトビデオのプレイの一つに、「潮吹き」という女性が性器から潮を吹くプレイが存在してきます。
この「潮吹き」を好む男性は結構多いのではないかと思われます。
ということは、風俗店で働く際に「潮吹き」ができる女性とできない女性なら、間違いなくできる女性のほうが得をするというのがわかります。

そもそも潮吹きとは膣内の愛液のことで、潮吹きが「尿」だと思ってる人は意外とたくさんいるのですが実のところは全然違っていたのです。
女性は、膣内やその周辺を刺激されることにより愛液がたくさん分泌されます。
正確には、尿道口の左右にあるスキーン線から分泌される液体で、これを「スキーン腺液」と呼びます。
このスキーン線から分泌される「スキーン腺液」が尿道に染み出して、それが大量に分泌される為に尿道から溢れ出ることを「潮吹き」というのです。
それと、無色、無臭、サラサラしている、というのが潮吹きした時に出る液体の特徴で、尿の様に少し黄色かったり臭いというのはありません。
また、尿ではありませんので尿意もないのです。
尿は出る直前に自分で自覚ができますが、潮吹きはほとんど自覚ができなく、出た後や出ている最中に自分で自覚できることが多いのも潮吹きの特徴なのです。

実は多くの人が知らないことなのですが、潮というのはそもそも大量に出るものではなく、アダルトビデオのように盛大な潮吹きを見たことのある人やそうでない人でイメージに差がでると思いますが、大量に噴水のように出ることはありません。
霧吹き2回~3回分くらいが本当の潮吹きになります。
ですので、アダルトビデオの撮影では、Gスポットをガツガツ刺激しているように見せかけて実は膀胱を刺激しているのです。
膀胱を刺激して盛大な尿漏れを演出しているのが、アダルトビデオの潮吹きなのです。
ほとんどの男性は、小学校高学年から中学生あたりぐらいからアダルトビデオを見始めます。
性について何も知識がない時期に、最初に多くのことを教えてくれるのがアダルトビデオだったりしますので、大人になってもその影響を受けてしまうのは仕方のないことかもしれません。
どんなカテゴリやシチュエーションの作品でも、8割くらいの作品で潮吹きの描写がありますので、自分もやってみたい、潮吹きは女性が喜ぶものというように認識されるのです。

最後に潮吹きのやり方なのですが、ほとんどの場合はテンプレート化されています。
最初に中指1本を入れて、ゆっくり出し入れして刺激しながらGスポットを探し当てます。
次に、中指と薬指の2本を入れてGスポットを集中的に、しかも力強くガツガツ刺激していくのです。
まだ潮吹きができない女性からしたら苦痛だと思いますが、もちろんきちんと潮吹きができれば男性も満足されるとわかれば気持ちも開放してくれることでしょう。



■特選サイト
30代~60代の女性を対象に十三の風俗求人を紹介しています --- 十三の風俗求人